カテゴリー別アーカイブ: 野菜

濃霧

おはようございます。

今朝はこの時期特有の霧が発生し、辺り一面真っ白で何も見えません。

気温は20度ほどなので寒さは感じません。しっとりとしたこの天然ミストはお肌にはとても良いのですが、カビの発生原因となりあまり有難くはありません。なので、早く梅雨明けして欲しいと切に願っています。

さて、話は変わりますが、ビニールハウス内の野菜が食べ頃を迎えたり、果物が実をつけ始めたりしています。

こちらはプチトマトです。どの木にもたくさんの実がついていて、食べごろになっています。

シシトウと思われるかもしれませんが、これはピーマンの一種です。苦みや臭みが少ないので、苦手なお子様でも大丈夫。ピザのトッピングやサラダに向いています。

一般的なピーマンの品種もたくさん実っていますので、こちらはBBQ用にいかがですか?

こちらはズッキーニ。毎日食べきれないほど採れています。

ダイス状に刻み、市販の「かんたん酢」に一晩漬ければお手軽にピクルスができるので、ぜひお試しください。

なお、野菜は他に、バジル、ルッコラ、大葉が最盛期を迎えています。

こちらはスイカ。まだ小さいですが元気に成長しています。

羽の陰に隠れて判り辛いですが、これはメロンです。まだ小さいですね。

どちらの果物ももう少し時間が掛かりそうです。

すべての野菜やフルーツは完全無農薬で育てています。食べ頃のものを安価でお分けしていますので、ご来場の際はスタッフにお気軽にお尋ねくださいね。

裏メニュー「担担麺」

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場の裏メニュー「担担麺」です。元々は賄い飯で評判が良かったものを、気が向いたときに裏メニューで作っています。

写真は青梗菜が程よいサイズに育っていたため、先日作ったものです。

本来は豆乳を入れややマイルドな味に仕上げるのですが、切らしていたためスープの色がやや茶色しています。(^^; それでもソコソコおいしいですが。。。

花椒や豆板醤を使っているためヒリヒリ感があり、お子様には不向きかな?

なお、お召し上がりになりたい方は事前にお問い合わせくださいね。一日4食限りで、出来ないことも多い(^^;逸品?ですが。。。(一杯900円です)

 

野菜がほぼ順調に育っています

先ずは今年から使っているビニールハウス内の野菜やくだもの。正面奥の大部分はプチトマトです。ほとんどの木に緑色の実がついています。正面右端のピーマンにも実がつき出しました。

右側奥はナス。たくさんの花が咲いています。その手前がバジル。虫に喰われることもなく、マルゲリータ・ピザにベストな状態になっています。

さらにその手前は細ネギ。ようやく食べられるサイズになってきました。

左側は奥からパクチー。花が咲いてきていて、そろそろ終わりです。

一つ飛んで、大葉、その手前はイタリアンパセリです。

写真にはありませんが、パセリ、チンゲン菜(食べごろです)、フルーツほおづき、ビーツ、三つ葉、ルッコラなども育てています。

中央のプランターではイチゴを育てています。売れ残りを20苗頂いて育てているので育成状態は今一ですが、いくつかの苗には赤い実が生り、食べてみるととても甘くておいしいです。

地植えしているものはスイカとメロンです。メロンにはたくさん花が咲いでいます。また、スイカにも少しずつ花が咲き始めています。

こちらはビニールハウス前の畑。ズッキーニとかぼちゃは花が咲き出しましたが、枝豆は今一つ成長が悪いです。

ズッキーニは一部に実が生りだしました。

メインの畑ではトウモロコシとルバーブが順調です。ルバーブは2回目の収穫を終え、先日5キロ近くを出荷用のジャムとして煮込みました。

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場では、どの野菜や果物も完全無農薬で育てています。その分雑草が伸びやすいなど手間は掛かりますが、安全なものをおいしくお召し上がりいただけるようにと頑張っています。

7月に入れば、いろいろな野菜や果物が食べ頃を迎えるようになると思いますので、どうぞお楽しみに。

ルバーブ・ジャムが出来ました

今年初モノのルバーブジャムが出来ました。今年最初に収穫出来た完全無農薬のルバーブ約2.5キロでジャムを作りました。

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場のルバーブ・ジャムは、グラニュー糖・白ワイン(シャルドネ種)・ダークラムだけで作っています。

確かに、水分はアルコールだけですが、しっかりと煮詰めているのでアルコール残量はほとんどなく、お子様にも安心してお召し上がりいただけます。

おいしいキャンプ場名物のピザ用在庫を除くと、ファーストロットは12本だけですが、出来上がりは上々です。

何人ものお客様に「ルパーブジャムないんですか?」と尋ねられるたび、「早く作らなくちゃ」と、気ばかり焦っていましたが、なんとかこの週末に間に合わせることが出来ました。

このところ外部からの引き合いも多く、おいしいキャンプ場での販売に廻せる本数はかなり減りそうですが、今回のロットは全部おいしいキャンプ場で販売しますので、どうぞご利用くださいね。

 

おいしい農園の野菜たち

今春建てたビニールハウス内で育てている野菜や果物が順調に育っています。

ビニールハウス前に植えた野菜も順調に育っています。

既に食べられるレベルになった野菜もあります。元々パクチーは大嫌いだったのですが、周りにいるパクチニストの影響を受け、徐々にではありますが、食べることができるようになってきました。

先日もパクチニスト達と都内某所のパクチー専門店で半ば無理やりパクチーを浴びるほど食べ、翌日は汗がパクチー香水と化しました。

と、言うことで、このパクチーを使って作ってみました。

なかなかのお味です。インスタント食品なのであくまでも賄い飯です。

ちなみに、パクチーをお召し上がりになりたい方は、裏メニューの知る人ぞ知る「富士ヶ嶺・担担麺」をオーダーいただければ、今ならパクチーを載せてお出しできますよ。

 

 

場内の芝桜も咲き、野菜も育っています

「富士芝桜まつり」は既に始まっていますが、キャンプ場内の芝桜も少しずつ花を咲かせています。

このところ日中はシャツ一枚でも過ごせるくらいに暖かくなってきたため、育てている野菜たちも大きくなってきています。

こちらはモヒート用のスペアミント。

ジャムが大評判のルパーブもしっかりとした茎が育っています。

先日完成したビニールハウス内では、地植えの準備も終わりました。

トマトの花も咲きだしました。

25度以上で発芽するルッコラやバジルも育っています。

ルッコラはGWのピザ用に何とか間に合いそうです。楽しみにしていてくださいね。

ようやく春らしくなってきました

先週は雪がちらつく寒い日もありましたが、ここ数日の暖かさでキャンプサイトにも緑色の草が目立つようになってきました。

そんな中で今年も元気に伸びているのがこちら。

土筆がたくさん出ています。

他にもヨモギ、タラの芽、フキノトウなどの山菜が、場内やその周辺で芽を出しています。

ちなみに、キャンプ場内やその周辺は農薬や除草剤を一切撒いていませんから、安心して食べることができます。

電気式を含め天ぷら鍋のレンタルもございますので、気軽にアウトドアで揚げたての天ぷらを楽しむことも出来ますよ。

ビニールハウスを作っています

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場は標高930mの高原に位置しているため、野菜を作れる期間が限られてしまいます。

そのため、年間を通じて野菜作りの出来るビニールハウスを建てたいと思っておりましたが、春先にならないとハウス作りができないため、その時期を待っていました。

ところが、ようやくその時期が来たと思ったら、立て続けに雪が降り作業が進められません。

それでも、合間を見ながらの作業ではありましたが、ようやく骨組みまでは完成させることが出来ました。

ハウスは約10m×6mの大きさなのですが、縦に支柱を38本・深さ45cmに等間隔で埋め込んでいかなければなりません。これが結構重労働でした。

というのも、35cmまでは割と楽に入るのですが、あと10cmのところに石の層があり、石を掻き出さなくてはならず、たまに巨大な石が埋まっていたりして、一本の支柱立てに30分もかかってしまうこともありました。おかげで、ほぼ一人作業だったこともあり、支柱立てだけでも1日では足りませんでした。

写真のように、とりあえずフレームだけは完成したのであとはビニールを張る作業のみとなりましたが、流石に人手がいる作業になるため、風のない時を見計らって人繰りのつく来週前半に完成させようと思っています。

完成後はトマトやハーブなどのピザ用の野菜を中心に育てていこうと思っていますので、どうぞお楽しみに。

ところで余談ですが、支柱立てで畑を何度も掘り起こしていたらこんなものが出土しました。

牛の骨だと思います。

と、言うことで、レストランの裏メニューとしてお出ししている富士ヶ嶺・担担麺が評判が良いので、お出しできる時には入口にぶら下げようかなぁ。。。

その時は、富士ヶ嶺・「がんこ」キャンプ場に名称変更かな?(笑)

 

チムニー型のピザ窯を設置しました

メキシコ製のチムニー型ピザ窯を設置しました。

薪で使用するピザ窯は既に2つ設置していますが、屋外にあるため雨天時に使えないことや、大型のピザ窯のため大人数でのご利用が前提となっていました。

そこで今回、焚火Bar北側入口付近に新たにメキシコ製のチムニー型ピザ窯を設置しました。img_2789

使い方ですが、窯の中央に火のついた炭を入れ、ピザの焼ける温度まで窯の温度を上昇させます。

次に、ビザを焼くスペースを空けるため、炭を窯の端に均等に寄せます。

あとは、ピザ・トレーまたはアルミ箔に乗せたピザを入れ、少しずつ廻しながら焼いていきます。

ecb0a6a2960d1c78e13aa0ac1ea40419

プレヒートに少し時間がかかりますが、一枚3~5分ほどで出来上がります。

なお、炭代のみでどなたでもご自由にお使いいただけます。(ピザ・トレーの無料貸出もあります)