カテゴリー別アーカイブ: 野菜

ビニールハウスを作っています

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場は標高930mの高原に位置しているため、野菜を作れる期間が限られてしまいます。

そのため、年間を通じて野菜作りの出来るビニールハウスを建てたいと思っておりましたが、春先にならないとハウス作りができないため、その時期を待っていました。

ところが、ようやくその時期が来たと思ったら、立て続けに雪が降り作業が進められません。

それでも、合間を見ながらの作業ではありましたが、ようやく骨組みまでは完成させることが出来ました。

ハウスは約10m×6mの大きさなのですが、縦に支柱を38本・深さ45cmに等間隔で埋め込んでいかなければなりません。これが結構重労働でした。

というのも、35cmまでは割と楽に入るのですが、あと10cmのところに石の層があり、石を掻き出さなくてはならず、たまに巨大な石が埋まっていたりして、一本の支柱立てに30分もかかってしまうこともありました。おかげで、ほぼ一人作業だったこともあり、支柱立てだけでも1日では足りませんでした。

写真のように、とりあえずフレームだけは完成したのであとはビニールを張る作業のみとなりましたが、流石に人手がいる作業になるため、風のない時を見計らって人繰りのつく来週前半に完成させようと思っています。

完成後はトマトやハーブなどのピザ用の野菜を中心に育てていこうと思っていますので、どうぞお楽しみに。

ところで余談ですが、支柱立てで畑を何度も掘り起こしていたらこんなものが出土しました。

牛の骨だと思います。

と、言うことで、レストランの裏メニューとしてお出ししている富士ヶ嶺・担担麺が評判が良いので、お出しできる時には入口にぶら下げようかなぁ。。。

その時は、富士ヶ嶺・「がんこ」キャンプ場に名称変更かな?(笑)

 

チムニー型のピザ窯を設置しました

メキシコ製のチムニー型ピザ窯を設置しました。

薪で使用するピザ窯は既に2つ設置していますが、屋外にあるため雨天時に使えないことや、大型のピザ窯のため大人数でのご利用が前提となっていました。

そこで今回、焚火Bar北側入口付近に新たにメキシコ製のチムニー型ピザ窯を設置しました。img_2789

使い方ですが、窯の中央に火のついた炭を入れ、ピザの焼ける温度まで窯の温度を上昇させます。

次に、ビザを焼くスペースを空けるため、炭を窯の端に均等に寄せます。

あとは、ピザ・トレーまたはアルミ箔に乗せたピザを入れ、少しずつ廻しながら焼いていきます。

ecb0a6a2960d1c78e13aa0ac1ea40419

プレヒートに少し時間がかかりますが、一枚3~5分ほどで出来上がります。

なお、炭代のみでどなたでもご自由にお使いいただけます。(ピザ・トレーの無料貸出もあります)

ブルーベリー狩りが始まりました

本格的な夏の訪れを感じるブルーベリー狩りが始まりました。

IMG_2222

場所は鳴沢地区。河口湖インターから国道139号線を富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場に向かって走ってくる途中に看板が出ています。

看板に従って国道を右に入って行くと、たくさんのブルーベリーに出会うことができます。

お値段は40分食べ放題で500円と結構リーズナブルです。

IMG_2221こんな感じの駐車場があり、テントの下に係りのおじさんが待機しています。

ブルーベリー狩りは短い期間で終わってしまうので、お好きでしたらぜひ立ち寄ってみてくださいね。

育成中の野菜たちです

現在育成中の野菜たちです。

IMG_2145ピザには欠かせないバジル。

IMG_2156生ハムとの相性抜群なルッコラ。

IMG_2151イタリア料理には欠かせないズッキーニ。

IMG_2148ビールには欠かせない枝豆。

IMG_2153茹でても焼いても美味しいトウモロコシ。

IMG_2146煮ても焼いても漬けても美味しいナス。

IMG_2147生でも焼いても美味しいピーマン。

IMG_2158焼いて美味しいジャンボとうがらし。

IMG_2159和風ピザには欠かせない大葉。

IMG_2155夏野菜の代表格、トマト。

IMG_2154秋の収穫が待ち遠しいホクホクのかぼちゃ。

IMG_2152ナムルにしても美味しいほうれん草。

IMG_2157ジャムが大好評のルパーブ。

IMG_2149IMG_2150夏のカクテルの代表格モヒートには、スペアミント(上)とブラックミント(下)

すべて完全無農薬でやってます。

収穫まではもう少し時間がかかりますが、楽しみにしていてくださいね。

 

ジャンボニンニクの花蕾

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場のお隣は、プロゴルファーの渡辺匡人さんのご実家です。

匡人プロはゴルファーでありながら、ファーマー?もされていて、今力を入れて育てている野菜はジャンボニンニクです。

管理人もお手伝いして昨年の9月に植えたものが、畑で大きく育っています。

そのジャンボニンニクですが、花が咲いてしまう前に花蕾を刈り取ってしまわないと大きく育ちません。

丁度先日、刈り取りの時期を迎えたため、多忙な匡人プロに代わって花蕾をカットしました。

IMG_2129

軽く洗って、炒めたものがこちら。IMG_2131

胡麻ラー油と焼き肉のタレで炒めてみましたが、超美味でビールに合います。

日曜日にお泊りだったお客さまには、素材の味を楽しんでいただきたくて、塩コショウのみで炒めたものをサービスでお出ししたところ大好評で、ワインに合うとお二人で2本空けてしまわれました。

今の時期にしか味わえないたいへん希少なものです。今度はてんぷらにして食べようかな。

 

畑の植え付け準備が終わりました

先週末に肥料を施した畑にマルチシートを掛け、植え付けの準備が終わりました。

IMG_2104IMG_2105お隣からお借りしたマルチシート敷アタッチメントを装着した耕運機です。これがあると一人でも楽にマルチ敷きができます。

最初は一番大きいA区画と呼んでいる畑から作業開始です。IMG_2101朝6時から作業開始。このA区画の畑の奥にはルバーブが植わっています。

今年はここを全面ルバーブ畑にする予定です。

IMG_2106こんな感じで結構きれいにマルチを敷くことができます。

手作業だったら一日では終わらない作業ですが、機械を使えば比較的簡単に終わります。

IMG_2108A・B・C区画の畑すべてにマルチシートを敷き詰める作業が終了したのはちょうど11時。途中、暑くて水分補給にと生ビールを飲んでしまいましたが、5時間ほどで仕上がりました。ほんと機械は早いです。

午後は作付けと種まきの予定です。今年もおいしい野菜が出来ることを楽しみにしています。

おいしい農園の畑を耕しました

キャンプ場内にある「富士ヶ嶺・おいしい農園」の畑を耕しました。

植え付け作業はGW明けとなりますが、耕してから肥料を入れて暫く間を置く必要があるからです。IMG_1986

これは一番大きいA区画と呼んでいる畑で、奥のほうでルパーブが順調に育っています。

今年はこの畑はルパーブ中心で行こうと思っています。

ご好評いただいているルパーブジャムの本年度第一号は、5月中旬以降に販売できると思いますので、よろしくお願いいたします。

ポタジェ菜園のミントが元気に育っています

昨年作ったポタジェ菜園に植えたミント、秋にはすっかり枯れてしまっていたのですが、ここのところ急成長しています。

IMG_1929

カクテルを作るにはちょうど良い感じになってきたので、今シーズン初のモヒートづくりにチャレンジ。

IMG_1930うーん、良いですねぇ。ミントの香りがなんともイイ。

お昼でしたが、気持ちよく飲んでしまいました。www

焚火Barでおつくりしますので、ぜひお立ち寄りください。

下町の味ナポリタン丼

「どんぶり委員長」を読んで食べたくなった「ナポリタン丼」を作ってみました。

畑で採れたピーマンはやや多めに、玉葱も大好きなのでやや多め、ソーセージはあえて魚肉ソーセージをチョイスしてヘルシー路線で。

まずはガーリック・オリーブオイルでこんな感じに炒めます。

IMG_1235

 

ケチャップは絶対にハインツ!!(笑)

出来上がりはこんな感じです。

IMG_1237仕上げに粉チーズとマリーシャープスのタバスコを掛けておいしく頂きました。(^^;