月別アーカイブ: 2015年10月

ダイヤモンド富士

昨日は悪天候のため見られなかったダイヤモンド富士ですが、今朝は天候が回復し、近隣の撮影スポットで見ることが出来ました。

さて、撮影ポイントは何カ所もあるのですが、富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場から最も近い場所に行ってみると既に沢山の車が止まっていました。

IMG_1327※写真には2台しか写っていませんが、この先に何十台もの車列が...

撮影のため、キャンプ場の愛車「びーちゃん」の荷台にカメラをセッティングしてその瞬間を待ちます。

IMG_1328

セッティングが完了してしばらくするとその瞬間が近づいてきました。

IMG_1330

昨日今年初冠雪した富士山頂が明るくなってきました。いよいよその瞬間です。

IMG_0435※ポジションが悪くやや右よりですが...

IMG_1331

まだしばらくの間このような富士山の姿が拝められますので、ぜひお立ち寄り下さい。

オートL(ソロ)サイトから炊事場等へのアプローチが便利になりました

オートキャンプサイト(L)(又はソロキャンプサイト)から炊事場やトイレなどへのアプローチに関して、お客様から予てよりご要望を頂いておりましたサイトからショートカット出来る階段を設置致しました。

これにより、移動距離は従来の1/3程度に短縮されます。

なお、まだ設置したばかりで土が固まっていませんので、くれぐれも駆け上がったり、掛け降りたりはしないで下さいね。

IMG_1322

ダイヤモンド富士が近づいています

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場から直接ダイヤモンド富士が見られるタイミングがて近づいてきています。下の写真はまだ山頂と太陽の間に隙間があってダイヤモンド富士になっていませんが、今朝写した物です。

でも、車で5分程度移動して頂ければ、今の時期は何カ所かの絶好の撮影ポイントで毎日のようにダイヤモンド富士が拝められます。

IMG_0391

この連休にお越しのお客様、ちょっと早起きしてダイヤモンド富士をご覧になりませんか?撮影ポイントは管理人がお教え致しますので。。。

富士山は尖った山だって知っていますか?

今日は綺麗に富士山が見えているので、買い物がてら反時計周りに写真を撮ってみました。

まずはキャンプ場の直ぐ近くのポイントで一枚。

キャンプ場からの富士山いつもの見慣れた富士山の姿です。大沢崩れは右端に見えています。

次は車で5分ほどのデイリーランドさん付近で撮ったもの。

デイリーランドからの富士山大沢崩れが真ん中にはっきりと見えています。また、山頂がやや斜めに切られたような形になっています。

そして次は車で15分ほど走った富士宮市郊外のポイントからの一枚です。

富士宮市街からの富士山大沢崩れが左側に見えますね。そして山頂は平らな姿ではなく尖った富士山が...

この尖った部分が剣が峰で、そのてっぺんが3776m地点です。

一般に写真等で見る富士山は平らな山頂を写したものが殆どで、このため多くの方が富士山は頂上が平らな山だと思われているのですが、実は特定の方向から見ると尖っているのです。

キャンプ場からわずかの時間でこのような富士山の変化が見られますので、お越しの際は一度見て回られても面白いですよ。

地域活性化のための農園作り中のハプニング

前回のブログで書いたように、渡辺匡人プロのお宅を中心に農園の拡張作業を続けているのですが、その作業中にとんでもない物が出てきてしまいました。

農園作りはほぼ全体の草苅が終わり、平坦な場所には畑が出来ています。第二段階は、傾斜地を段々畑に変えて行く作業です。

作業中こんな感じでブルドーザーで山を削り、平坦にして行きます。

ちなみに操縦しているのは渡辺プロ自身。とにかく何をやらせてももの凄く上手なので感心してしまいます。

ところが、この作業中に事件が勃発してしまいました。

軽く上っ面の土を平にしようとしていたところ、何かがバリッと砕ける音が...

渡辺プロ曰く、水道管を破壊してしまったかと思ったそうですが、よーく見ると...

骨壺なんとそこにあったのは、粉々になった骨壺と小さな骨。

一瞬うわーっとなったものの、冷静になって直ぐに富士吉田警察署に連絡すると、小一時間ほどで警察の方が到着。一通り事情を説明して現場検証開始。

現場検証テレビで見るのと同じで、警察の方は頭にキャップを被り、靴にもビニールを被せ、手袋にマスク姿で散らばった骨を丁寧に拾い集めています。

更にしばらくして、鑑識の方が到着。

鑑識到着総勢5人で遺骨の収集作業をしています。

この間、渡辺プロとは「人骨だったら嫌だね」と話していたのですが、所見は獣骨の可能性が高いとのことでした。ただ、一応専門医の鑑定を仰ぐので、正確なことは翌日連絡するということで、この日は解散になりました。

それにしても他人の土地に遺骨を勝手に埋葬するなんて随分な人もいるもんだと、ちょっと憤慨しましたが、この景色を見ると埋葬した人の気持ちがわからなくもないかも。。。

渡辺プロのお宅からの富士山

地域活性化のための農園づくり

昨日のことですが、富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場の隣、プロゴルファー渡辺匡人さんのご実家の広大な遊休地と、その隣のいつもお世話になっているYさんの土地とを開墾し、とりあえず畑を2ヶ所作りました。

IMG_1295※こちらは渡辺プロのお宅のごく一部

写真は既に枯れ草の牧草地状態ですが、前作業として背丈以上に伸びていた雑草を刈り込んでいます。この作業も大変な作業でしたが、渡辺プロが頑張ってほぼ丸一日できれいになりました。

こうして雑草を刈った後は耕耘機を使い土地を耕しました。

土地そのものは意外と土質も良く、また、溶岩質でもないため、畑には向いています。耕耘機を掛けても石がごろごろ出てくるようなことはなく、順次有機肥料などで土壌改良を行えば、かなり良い畑になりそうです。

IMG_1294※中央の黒い土部分が耕している所です。なお、写真に写っているのは耕耘機ではなく、草苅機です。ちなみにこの機械が驚くほど高性能で、背丈以上もある雑草を一瞬にして木っ端微塵にしてしまいます。

こうして作った畑は実際には来年度から使っていくことになるのですが、「ジャンボにんにく」「ホワイトロッペン」「フルーツほうずき」、生食できる「とうもろこし」や富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場でも栽培している「ルバーブ」など、特徴のある野菜作りをしていく予定です。

後々の農業生産法人化も視野に入れ、過疎化の激しい富士ヶ嶺地域の少しでも活性化に繋がればと、今のところ若干3名ではありますが、予てからの計画の第一歩を踏み出しました。

なお、キャンプ場の拡張計画も検討していますのでお楽しみに。(^^;

今夕の富士山

今夕の富士山です。

久しぶりに夕方赤みを帯びた富士山の全景が見えています。(実際はもう少し赤く染まっています。)

やや霞が掛かっていますが、それでも肉眼で剣が峰(山頂右上)の旧富士山測候所が見えていますね。

IMG_1289

今日お泊まりのお客様はご覧になったでしょうか。

IMG_1290数分後にはこのような姿になっています。

ちなみに管理人の父は、若い頃に富士山測候所に勤務していました。(^^;