月別アーカイブ: 2016年4月

雨天撤収時のサービスほか

統計上日本の気候は3日に1度は雨が降ります。キャンプは晴天の下で楽しみたいのは誰もが思うことですが、自然に自分の自由を利かすわけにもいきませんよね。

せっかくキャンプに来たのに撤収の時が雨だった…

子供が楽しみにしているのに、週末は雨予報になっちゃった…

そんな時こその「富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場」です。

「富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場」が雨に強い理由は

1.全天候型の常設テントサイトやオートキャンプサイトがあるので雨の心配がいらない

2.大きな屋根のあるユーティリティースペースがあるので、雨に関係なく体験イベント、映画鑑賞、音楽鑑賞、BBQ、焚火、お食事、お酒などが楽しめる

3.雨天時は大きな屋根の下で雨に濡れずにテントの撤収ができる(サイトから屋根の下までの物の移動は、軽トラックの無料貸出を利用できる)

4.雨天時は炊事棟前のテント乾燥室(ロッジ型テント内にストーブを設置)で、フライシートなどの乾燥ができるIMG_2014IMG_2015IMG_2011

5.スタンド付きビーチパラソルの無料貸出もあるので、テント等と車の間のスペースにうまく置くことで、大切なものを濡らさずに撤収できる

6.通路が砂利敷きなので、ぬかるみを気にしないで済む

などです。

テントの中で雨音を聞くと、なんとなく心が安らぎます。

雨だからとあきらめずにキャンプを楽しみましょう!!

おいしい農園の畑を耕しました

キャンプ場内にある「富士ヶ嶺・おいしい農園」の畑を耕しました。

植え付け作業はGW明けとなりますが、耕してから肥料を入れて暫く間を置く必要があるからです。IMG_1986

これは一番大きいA区画と呼んでいる畑で、奥のほうでルパーブが順調に育っています。

今年はこの畑はルパーブ中心で行こうと思っています。

ご好評いただいているルパーブジャムの本年度第一号は、5月中旬以降に販売できると思いますので、よろしくお願いいたします。

カレーの仕込みが完了しました

おかげさまで大勢の方から「おいしい」と言って頂いている、「富士ヶ嶺・おいしいカレー」の仕込みがようやく完了しました。

以前買ったアイリスオオヤマ製の無加水鍋で調理すること5日間、ようやくソコソコの味になってきました。IMG_1995

GW時にはちょうど良い仕上がりとなっていることでしょう。IMG_1994なかなかご家庭では出せない味ですので、ぜひご賞味ください。

売り切れごめん。カレーでも、カレーピザでもおいしいですよ。

 

道路の補修工事が終わりました

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場に至る水路沿いのアプローチ路の補修工事が終わりました。

かねてより傷みが激しく、大雨の度に侵食して大きな穴が開いていたキャンプ場への最終アプローチ路。IMG_1971ロードクリアランスのない車だとお腹を擦ってしまうこともあり、困っていました。

町道(富士河口湖町)のため役場に補修をお願いしていましたが、一向に改善されず、、、

昨年は、私費を投じてホームセンターにて砕石を100袋買い、苦労して穴を埋めました。が、大雨の度に石が流されてしまい元の状態になっていました。

さらに、今年2月に二度あった降雪時、町の除雪車が更に穴を深くてしまいましたが、補修されることもなく今に至っておりました。

一人しか住んでいない(声の大きい住民の住む)住宅へのアプローチ路に莫大な税金を投じて補修をしたりするくせ、多くの人が通る道が何年もの間放置されているという矛盾に、憤を覚えていました。(愚痴です)

そんな中、キャンプ場の隣がご実家のプロゴルファー渡辺匡人さんのお父様とお酒を飲みながら色々と語り合っていた時に道路の話となり、「匡人パパ」が「俺が直してやるよ」と軽く引き受けてくださいました。

そして今日、わざわざ遠くから重機をトラックに載せて運んで来てくださり、朝から2時間ほどの短時間ですっかり綺麗に補修をしてくださいました。

IMG_1979古~い重機で、あれもこれも壊れていたそうですが、それを「匡人パパ」が一人で直したという話です。一番びっくりしたのは、要のシャベル部分に大きな穴があき、モノをすくうことができない全くの役立たずな代物だったそうですが、穴の開いた部分を厚い鉄板を溶接して補修してしまったと言うことです。

素人には見ても全くわからないくらいの精度で、唯々感心してしまいました。

匡人プロもゴルフのプロ以上?に色々な重機の操作が上手ですが、「匡人パパ」は完全に職人です。薄い鉄板で折り鶴を折ってしまうような手先の器用さもお持ちの、本当に何でもできるスーパーマンです!!

IMG_1983このように土を固めて道路を水平にしてくださいました。

そして今後、大雨の際に逃げ道となる用水路へ続く溝も掘ってくださいました。IMG_1984

本当に大感謝です。

これにより道幅も少し広がったので、大型のキャンピングカーの方も、アプローチが容易になりましたよ。

今朝はさっそく、チェックアウトのお客様が気持ちよさそうにお通りになっておられました。

ちなみに、重機はしばらく置いておいていただけるとのことなので、管理人も場内の整備に使わせていただこうと思っています。

今朝の富士山

夜半までの暴風雨が収まり、暖かで穏やかな朝を迎えています。IMG_1962※朝は逆光なので写りが悪くてすみません

昨夜から全天候型常設テント付サイトにお泊りのお客様は、夜の風があまりに強く、中央通路のガゼボに避難してBBQなどを楽しまれたようでした。

お帰りの後は、伸びだした場内の草を刈払機で刈りとり、畑を耕運機で耕す作業が待ってます。

今日も一日頑張ります!!

 

GW期間中のワークショップその2

GW期間中のワークショップ第二弾はかわいいミニ・ランプシェード作りです。

IMG_1963IMG_1965麻紐や薄紙を使って仕上げます。

電池式のミニランタンに被せるので、火の心配はありません。

おいしいキャンプ場は夜になると星灯かりと通路灯以外の明かりがありませんので、キャンプサイトのテーブルの上に置けばとても素敵な夜を過ごせると思います。

お子様もに簡単に作れますので、ぜひご参加ください。

費用は1つ200円(ミニランタン付き)、所要時間は1時間程度です。

手作り絵本教室を開催します

GW期間の5/3-4に、親子で楽しめる手作り絵本教室を開催します。

講師には「おがわもとこ」先生をお招きしています。IMG_1959絵本の製本のやり方を、わかりやすく教えて頂きます。

白紙の絵本を作りますが、その場で絵を描いて仕上げることもできます。

また、お気に入りの写真や絵をお持ちいただいて、フォトブック形式にすることも可能です。

IMG_1958記念に残せる世界に一つしかない絵本作りに挑戦してみませんか?

費用は一冊500円、所要時間は約一時間程度です。(お子様だけの参加はできません)

なお、開催時間(日中)については開催当日にお知らせします。

ぜひご参加ください。

生ソーセージの燻製がおいしいですよ。

「生ソーセージ」の燻製(熱燻)の販売を始めました。

IMG_1944

「生ソーセージ」は一時間ほど表面の水分を乾かしたら燻製器にかけます。

IMG_1951

10分ほど燻すとこんな色になるので、さらに10分程度ボイルしフライパン又は網で焼きます。

サイズ的にはフランクフルトソーセージ並みなので、結構食べごたえがあります。

IMG_1952中はこのようにとてもジューシー。

味付けは一切不要なので、そのまま食べてください。絶品です!!

手間がかかるので販売は一本300円になりますが、ぜひご賞味ください。

 

ようやく夏タイヤになりました。

キャンプ場の愛車「ビーちゃん」ですが、漸く冬タイヤから夏タイヤへの交換が終わりました。

とっくに交換しなければならなかったのですが、なかなか時間がなくて今に至ってしまいました。

IMG_1943新品のタイヤです。年間2万キロ以上走るので、タイヤはあっという間に減ってしまいます。

冬タイヤと違って「ふわふわ」しないので、やっぱり走りやすいですね。

IMG_1941暖かくなって色々な花が咲きだしている富士ヶ嶺高原を、気持ちよく疾走しています。