月別アーカイブ: 2016年12月

幻の滝

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場内には、あまり知られていない幻の滝があります。

富士六湖の赤池と同じように、大雨が降らないと現われません。

昨夜から暴風雨で、今日はその幻の滝が出現しました。

場所はおいしい森へ続く階段の右側です。

普段は全く水のない水路ですが、滝からの水が勢い良く流れています。

短時間に大量の雨が降ると現れるこの滝、豪快で良いんですが、本音では出現して欲しくないんですよね。

 

 

場内整備を行いました

まだ仮工事の部分もありますが、クリスマスからお正月にかけて起こし下さるお客様に、少しでも快適にお過ごし頂けるよう、場内整備を行いました。

先ずは先日拡幅工事を行ったアプローチ路(町道)部分に敷石を入れました。

そして、入口左側に花壇を作りました。まだ土を入れただけですが、春になったら何か種を蒔くつもりです。

こちらの花壇は、オートキャンプサイト(L)脇に作ったモノです。

先日拡張したオートキャンプサイト(L)もだいぶ地面が締まって来ました。

反対側からの写真がこちら。

また、こちらは先日増設した電源付きオートキャンプサイトを更に拡張し、春先からは電源付きオートキャンプサイト(L)としてご予約を受け付ける予定のサイトです。

柵の取り付けも行いました。

写真ではわかり難いですが、結構奥行きがあります。

サイト上は町道ですが、1日の通行量は片手ほどなので、殆どキャンプ場内道路な感じです。

そしてこちらはA-6サイト脇の通路です。こちらにも敷石を入れ、雨天時でも轍が出来ないように改良しました。

砕石の搬入が遅れていて、場内通路の敷石を薄く剥いで敷いているためまだ半完成ですが、かなり快適になったと思います。

今朝の富士山

おはようございます。今朝の富士山です。

冠雪はかなりの面積になっています。

キャンプ場周辺には雪は全くありませんが、霜が降り所々氷が張っています。

冷え込んでいますが、空気が澄んでいるのでとても気持ちが良いです。

ところで、昨日はキャンプ場へのアプローチ路の補修工事を行いました。

実はこの道、この先にあるキャンプ場の畑までは町道なんです。

そのため、ガタガタ道にも関わらず、大掛かりな手直しが出来ずにいました。

ところが、気温が下がり刳れた場所の水溜りに厚い氷が張ってしまい、車の通行に支障をきたしてしまいました。

キャンプ場以外通る人のいない道な事もあり、町に言っても対応して貰えないので、仕方なく「0円工務店・土木事業部」出動です。

レトロなブルドーザーで整地しながら道幅を拡げ、入口に看板代わりに車輪を置いてみました。

ちなみにこの車輪は、戦後にキャンプ場周辺地区が開拓された際、開拓者だった渡辺匡人プロのお爺さんが、鳴沢村から沢山の荷物を乗せて来た大八車の物だそうです。

なかなか良い感じになったと思います。(^_^V

 

 

 

 

 

 

全天候型オートキャンプサイトに堀こたつを設置

全天候型オートキャンプサイトには、一つだけシェルターと薪ストーブをセットしたサイトがありましたが、今回、シェルターと堀こたつをセットしたサイトを加えました。

こちらの写真は、堀こたつを作っているところです。

そしてこちらはシェルターを被せて完成した写真です。

サイドを開けると、こんな感じになります。

堀こたつの大きさは四畳半強あり、テーブルサイズは90cmですので、かなり余裕のある感じです。

なお、カーペットの下には畳が敷いてありますので、ごろ寝もできるようになっています。

完成後実験的に使用してみましたが、あまりにも快適で動けなくなってしまいました。

思わず、「すみません、熱燗お願いします」と言いそうになりました。(^^;

なお、カーペットの下の柱部分に増設コンセントを設置してありますので、シェルター内でも電源をお使いいただけます。

いったい何を考えているのかというツッコミをされそうですが、お客様に少しでも快適にお過ごしいただければと思い、作ってみました。(笑)

ご利用お待ちしています。

最後に料金ですが、通常の全天候型オートキャンプサイト利用料+2,000円となります。

オートキャンプサイトの増設工事がほぼ終わりました。

年明けの完成を予定していましたオートキャンプサイトの増設工事がほぼ終わりました。

週明けに通路に敷くための砂利の搬入があり、それを敷き詰めれば完成となります。

増設したサイトは、オートキャンプサイトL(電源なし)3サイトとオートキャンプサイトM(電源付)2サイトの計5サイトとなります。

こちらの写真はオートキャンプサイトL×2です。キャンプ場では最も高い場所に位置するサイトで、Lを2つ使えば、5~6サイト分のスペースになります。

こちらは従来のオートキャンプサイトLを拡張したものです。

今までのサイトの3倍近い大きさになっています。

まだ草が生えていないので土がむき出しになっていますが、春先には草で覆われると思います。

そしてこちらはオートキャンプサイトM(電源付)のキャンプ場最上段に作ったもの。東京電力の電柱がちょっとだけ邪魔ですが、電柱を避けて設営すればバッチリ富士山が拝めます。

そしてこちらはその下のオートキャンプサイトM(電源付)です。

今回増設したサイトは、どれもこんな感じで富士山の全体が見える超絶眺望のよいサイトです。

炊事場やトイレからはやや離れますが、新たに場内に通路を作っていますので、今までよりはショートカットできますよ。

 

 

0円工務店制作作品第三弾・焚き火Barに排煙口を設置

0円工務店制作作品第三弾は焚き火Barの屋根に穴を開け、焚き火の煙を外に出すための排煙口の制作設置です。

今シーズンから焚き火Barにカーテンを取り付け寒さ対策をしてきましたが、格段に暖かくなった半面、焚き火の煙が溜まりやすくなり、増設した換気扇だけでは排出できないため、結局は窓を全開にして煙を逃がしていたので、カーテンの取り付けが意味をなさない結果となっていました。(^^;

そこで、焚き火スペースの真上の屋根に穴を開け、排煙口を作ることにしました。

材料は貰いものの昔の牛舎時代に使われていた換気用の器具です。20年以上使われていなかったため、錆びだらけでかなりの補修が必要でしたが、大きなトタン板を切断して加工し、なんとか屋根に設置できるように補強改良を施しました。

今回の0円工務店は、いつもの大工さんではなく板金屋さん?です。

さて、穴を開けた部分はこんな感じです。img_2838

そして屋根の上に乗っているのが今回制作した排煙口です。img_2837

2つ取り付けたので、それなりの効果を期待しています。(^^;

 

居候猫「ちゃこ」の手術

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場の公認居候猫「ちゃこ」。昨日、可哀相とは思いつつも、避妊手術を受けてきました。

地元で飼い手のいない犬や猫をボランティアで育てている方に託し、獣医さんに処置していただきました。

当然ですが、当日は朝から飲み食い禁止ですので、いつもなら扉を開けて貰える「ちゃこ」食堂がいつまでたっても閉まったままです。「お腹すいたにゃ」の視線は心を鬼にして無視しました。

でも、可哀相なのでこちらも付き合って朝も昼も抜きました。

夕方に戻ってからは、麻酔が覚めて痛みがあるのかずっと目を閉じたままです。img_2814

今日は少し元気が出て朝から普通に食事していますが、ずっと管理人の後をついてきています。

img_2816

野良猫が多いので仕方がないとは思いつつも、少し悲しい気持ちになっています。

 

富士ヶ嶺・卓球場オープン

先日のブログでご紹介した富士ヶ嶺・卓球場が完成し、オープンしました。

img_2807

営業時間は8:00~19:00で、ご利用料金は1台につき1時間ごとに300円と格安です。(用具代込み、ラケットは4人まで)

受付と用具の貸出しは富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場管理事務所にて行っています。

なお、卓球場のトイレはまだ未完成なため、当面はキャンプ場のトイレをお使いください。

ご利用お待ちしています。