0円工務店制作作品第三弾・焚き火Barに排煙口を設置

0円工務店制作作品第三弾は焚き火Barの屋根に穴を開け、焚き火の煙を外に出すための排煙口の制作設置です。

今シーズンから焚き火Barにカーテンを取り付け寒さ対策をしてきましたが、格段に暖かくなった半面、焚き火の煙が溜まりやすくなり、増設した換気扇だけでは排出できないため、結局は窓を全開にして煙を逃がしていたので、カーテンの取り付けが意味をなさない結果となっていました。(^^;

そこで、焚き火スペースの真上の屋根に穴を開け、排煙口を作ることにしました。

材料は貰いものの昔の牛舎時代に使われていた換気用の器具です。20年以上使われていなかったため、錆びだらけでかなりの補修が必要でしたが、大きなトタン板を切断して加工し、なんとか屋根に設置できるように補強改良を施しました。

今回の0円工務店は、いつもの大工さんではなく板金屋さん?です。

さて、穴を開けた部分はこんな感じです。img_2838

そして屋根の上に乗っているのが今回制作した排煙口です。img_2837

2つ取り付けたので、それなりの効果を期待しています。(^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です