ビニールハウスを作っています

富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場は標高930mの高原に位置しているため、野菜を作れる期間が限られてしまいます。

そのため、年間を通じて野菜作りの出来るビニールハウスを建てたいと思っておりましたが、春先にならないとハウス作りができないため、その時期を待っていました。

ところが、ようやくその時期が来たと思ったら、立て続けに雪が降り作業が進められません。

それでも、合間を見ながらの作業ではありましたが、ようやく骨組みまでは完成させることが出来ました。

ハウスは約10m×6mの大きさなのですが、縦に支柱を38本・深さ45cmに等間隔で埋め込んでいかなければなりません。これが結構重労働でした。

というのも、35cmまでは割と楽に入るのですが、あと10cmのところに石の層があり、石を掻き出さなくてはならず、たまに巨大な石が埋まっていたりして、一本の支柱立てに30分もかかってしまうこともありました。おかげで、ほぼ一人作業だったこともあり、支柱立てだけでも1日では足りませんでした。

写真のように、とりあえずフレームだけは完成したのであとはビニールを張る作業のみとなりましたが、流石に人手がいる作業になるため、風のない時を見計らって人繰りのつく来週前半に完成させようと思っています。

完成後はトマトやハーブなどのピザ用の野菜を中心に育てていこうと思っていますので、どうぞお楽しみに。

ところで余談ですが、支柱立てで畑を何度も掘り起こしていたらこんなものが出土しました。

牛の骨だと思います。

と、言うことで、レストランの裏メニューとしてお出ししている富士ヶ嶺・担担麺が評判が良いので、お出しできる時には入口にぶら下げようかなぁ。。。

その時は、富士ヶ嶺・「がんこ」キャンプ場に名称変更かな?(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です