簡易コタツの作り方

地面を見ると少しずつですが草が伸びはじめ、春が近づきつつあると感じられるようになってきましたが、またまだ朝夕は冷え込む富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場です。

そこで今日は、キャンプサイトでの簡単な暖の取り方について書いてみました。

管理人一号が冬キャンする際に良く用いた方法の一つに、簡易コタツがあります。

スクリーン型のタープの中、腰ぐらいまでが覆える程度のサイズのテーブルクロスを掛けたテーブルの下にカセット型のストーブ一台(アウトドア用でもよいのですが、転倒時に自動消火機能のあるタイプがベスト)を置くだけで、結構簡単にコタツが出来上がります。ストーブはできるだけ足の当たらない場所、かつ、クロスが接触しない端っこに置きます。(サイズの大きいテーブルの時は、両端にストーブを置いていました。)P1030159cassetstove

クロスは床まで覆わなくても、結構暖かいです。

カセットストーブがない時は、ノーススター等の火力の強いガソリンランタンでも代用可能です。(転倒しない工夫は必要です)

なお、テーブルはトップが一枚板でないとダメです。スノコタイプのロールテーブルは、暖気が上から逃げてしまうため使えませんので、ご注意ください。

ちなみに、焚き火バーでは寒い時期にはテーブルの下にカセットストーブを設置しており、お客様から暖かいとのお声をいただいています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です